新総合火災共済

ご契約時の共済金額を限度に損害額を全額補償

従来の火災共済では、「時価額」の契約が主体となっていましたが新総合火災共済では、「再調達価額」を基準に損害額を全額補償します。
(再調達価額とは、損害が生じた地および時において保険の対象と同一の質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに要する額をいいます。)
(時価額とは、共済の対象の再調達価額から使用による消耗分および経過年数などに応じた減価額を控除した額をいいます。)

建物については「評価済共済」とし、ご契約時に評価額を決定し
事故が起こった時には再評価を行うことなく共済金をお支払いします。

お客様のニーズにあわせて4タイプの補償プランを設定しました。

※新総合火災共済の共済の対象に出来るものは、平成元年以降に新築された住宅および併用住宅の「建物」「家財」「営業用什器備品」です。

新総合火災共済

パンフレットはこちらからご覧いただけます。PDF→

補償内容

タイプ Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
1 火災
2 落雷
3 破裂・爆発
4 風災・ひょう災・雪災 補償
されません
5 水災 補償
されません
補償
されません
補償
されません
6 建物外部からの物体の落下
・飛来・衝突
補償
されません
補償
されません
7 水濡れ 補償
されません
補償
されません
8 騒擾・集団行動などに伴う
暴力行為
補償
されません
補償
されません
9 盗難 補償
されません
補償
されません

費用共済金

ご自由に選択できます。

臨時費用共済金 損害共済金×10% 100万円限度

自動的にセットされます。

地震火災費用共済金 地震・噴火等により火災が発生し、建物が半焼以上、または共済の対象の家財が全焼した場合は、共済金額の5%を1敷地内300万円限度でお支払いします。
(Aタイプは補償されません。)
残存物取片づけ費用
共済金
損害を受けた共済の対象の残存物の取り片づけにかかった費用をお支払いします。(損害共済金の10%限度)
水道管修理費用
共済金
水道管が凍結によって損壊した場合に、これを修理する費用をお支払いします。(1回の事故につき1敷地内10万円限度)
(建物が共済の対象の場合のみ)
損害防止費用 火災、落雷、破裂・爆発の損害の発生および拡大の防止のために必要または有益な費用を支出した場合に、その実費をお支払いします。

自己負担額の設定

風災・ひょう災・雪災に対する共済金は、
下記の算式によって損害共済金をお支払いします。

損害額 - 自己負担額 = 損害共済金

共済掛金表

(共済期間1年間 共済金額100万円に対して、風災・ひょう災・雪災自己負担額0万円、臨時費用有、および評価額に対して70%超※で共済金額を設定いただいた場合 )
※評価額の70%以下で共済金額を設定頂く場合は、割合に応じて割増が必要となります

住宅物件

構造級別 M構造 T構造 H構造
タイプ・
共済の対象別
鉄筋コンクリートの
マンション
鉄骨コンクリート造、
鉄骨造
木造
建物・家財 150円 240円 520円
建物・家財 270円 730円 1,390円
建 物 450円 870円 1,520円
家 財 350円 860円 1,500円
建 物 570円 1,150円 2,120円
家 財 650円 1,510円 2,530円

併用住宅物件

構造級別 1級 2級 3級
タイプ・
共済の対象別
鉄筋コンクリートの
マンション
鉄骨コンクリート造、
鉄骨造
木造
建物・家財
什器備品
180円 500円 980円
建物・
什器備品
430円 1,060円 1,760円
家財 730円 730円 1,390円
建 物 600円 1,220円 2,010円
家 財 860円 860円 1,500円
什器備品 690円 1,320円 2,250円
建 物 760円 1,440円 2,580円
家 財 1,510円 1,510円 2,530円
什器備品 830円 1,460円 2,800円

※建物内の職業、作業によっては、上記の他に割増を必要とする場合があります。
※申込書単位の最低掛金は、2,000円となります。

セット出来る特約

(住宅だけでなく店舗・事務所・工場などの建物もセット出来ます。)

滋賀県共済協同組合

〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2-1(コラボしが21)5F
TEL(077)511-1380 FAX(077)523-1822
info@shigaken-kyosai.com

更新日:

Copyright© 滋賀県共済協同組合 , 2021 All Rights Reserved.