普通火災共済


あなたの企業を守る 安心のプラン!

火災保険は時価額いっぱいの契約をおすすめします。

普通火災共済

補償内容

1 火災
2 落雷
※落雷による衝撃によって建物、ガラス、テレビなどに損害が生じたとき
3 破裂・爆発
※ボイラーの破裂やプロパンの爆発などにより損害が生じたとき
4 風災・雪災
※台風・せん風・暴風などの風災、ひょう災または豪雪、なだれなどの雪災により、建物、家財等に20万円以上の損害が生じたとき

共済金額の自動復元

1~4の事故による共済金のお支払額が80%以下の場合は共済金額は減額されません

不時の出費に備える各種費用共済金(これらの費用共済金もついています)

● 臨時費用
共済金の他にその30%を臨時の費用としてお支払いいたします
※ただし、1回の事故につき1構内ごとに住宅物件は100万円、非住宅物件は500万円が限度です

● 残存物取片づけ費用
共済金額の10%の範囲以内で実費をお支払いいたします

● 失火見舞費用
1または3の事故で他人の所有物に損害を与えたとき「20万円×被災世帯数」をお支払いします
※ただし、1回の事故につき共済金額の20%が限度です

● 地震火災費用
地震・噴火などにより火災が発生し、次の損害が生じたとき
イ)建物が半焼以上または損害の額が20%以上となったとき
ロ)家財が共済の目的の場合は、家財を収容する建物が半焼以上または家財の損害が80%以上となったとき
ハ)共済の目的が設備、什器または商品・製品の場合は、これらの収容する建物等が半焼以上となったとき
…共済金額×5%
※ただし、1構内ごとに300万円が限度です

● 修理付帯費用
1~3の事故で、損害の要因調査費用や仮修理費用、仮設物件費用などの実費をお支払いします。ただし、非住宅物件に限ります
※1構内ごとに共済金額×30%または1,000万円のいずれか低い方が限度です

● 損害防止費用
1~3の事故で、損害の防止、軽減のために支出した必要または有益な費用をお支払いします
※例…応援消防隊のガソリン代、食事代、消火薬剤等の再取得費用

共済掛金表

住宅物件(共済期間1年、共済金額100万円に対して)

物件名 構造級別 M構造 T構造 H構造
鉄筋コンクリートの
マンション
鉄骨コンクリート造、
鉄骨造
木造
建物・家財 250円 570円 1,270円

普通物件(専用住宅以外)

物件名 構造級別 1級 2級 3級
鉄筋コンクリート造 鉄骨造 木造
建物・動産 350円 1,210円 1,800円

※建物内の職業・作業・商品等によっては、上記掛金の他に、割増を必要とする場合があります。
※申込書単位の最低掛金は、2,000円となります。

長期契約掛金係数

期間 係数 期間 係数
2年 1.85 7年 6.05
3年 2.70 8年 6.85
4年 3.55 9年 7.65
5年 4.40 10年 8.50
6年 5.20

短期契約掛金係数

期間 係数 期間 係数
7日 7% 6ヶ月 70%
15日 10% 7ヶ月 75%
1ヶ月 20% 8ヶ月 80%
2ヶ月 30% 9ヶ月 85%
3ヶ月 40% 10ヶ月 90%
4ヶ月 50% 11ヶ月 95%
5ヶ月 60% 12ヶ月 100%

セット出来る特約

(専用住宅、併用住宅にのみセット出来ます。)

滋賀県共済協同組合

〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2-1(コラボしが21)5F
TEL(077)511-1380 FAX(077)523-1822
info@shigaken-kyosai.com

更新日:

Copyright© 滋賀県共済協同組合 , 2019 All Rights Reserved.